アンチエイジングサプリで肝機能が改善した日記

5年間悪化し続けたクレアチニン値がアンチエイジングサプリを飲んだら、3ヶ月で下がり妻も安心しています。

 

不規則な生活が続いて血圧・血糖値が上昇してかん機能の変化も指摘されていた。

 

埼玉県に住む富田さんは、20年以上前から腎機能の低下に悩んできました。

 

富田さんが慢性腎炎と判明しあtのは、定年退職直後の60歳頃のことだと言います。

 

定年まで食品メーカーにつとめていました。

 

若い頃は東京勤務だったのですが、中堅社員になってからは各地の支社へ転勤が非常に多くなりました。

 

そのため結婚もままならず、40歳を過ぎてからやっと結婚することができました。

 

営業職だったので、お酒を飲む機会が多く、長年不規則な生活を続けていたと思います。

 

富田さんは会社の健康診断を受けるたびに、意思からアルコールと塩分のとり過ぎに注意するように言われ続けていたそうです。

 

しかし、お医者さんから注意されることは「働く男の勲章」と考えて、まったく気にすること無く過ごしていたそうです。

 

「いまから思えばバカな考えだったと思います。しかし、昭和の時代はそんな風潮だったのです。わたしの同僚も自慢げに肝臓の数値が悪いDAMIJAWの、血糖値が高いだの良いながら、酒を毎日浴びるように飲んでいましたから。」

 

結婚してからは、独身時代よりも食生活が改善されたという富田さんですが、毎年春の健康診断では血圧が血糖値の高さを注意されることが少なくありませんでした。

 

会社を定年退職してからは、奥さんの強いすすめもあり、自治体が行っている健康診断を受けるようになったと言います。

 

「暇つぶし程度の軽い気持ちで受診したのですが、とんでもない結果が判明してしまいました。最大血圧(基準値は101-139ミリ)は170ミリ、最小血圧(基準値は61-89ミリ)が90ミリ、空腹時血糖値(基準値は60-109ミリグラム、126ミリグラム以上は糖尿病)は120ミリグラム、尿タンパクの数値が1+だったのです。

 

肝機能の数値も良いとは言えませんでした。

 

富田さんは医師から「このままだと糖尿病になり、やがて心臓や肝臓まで悪化する」と言われました。

 

医師の真剣な口調に驚いたという富田さんは、それまでの考えをようやく改めることにしたそうです。

 

「病院から処方された血圧の薬をきちんと飲み、飲酒を控えめにして、妻に塩分や糖分を控えた食事を作ってもらうようにしました。妻に検査結果を話したら、健康で長生きしてほしいと言われて、わたしも一念発起したのです。最初のうちは、味の薄い料理になれませんでしたが、妻が色々と工夫してくれましたから」

 

食生活を改善したおかげで、血糖値がほぼ横ばいになったという富田さん。

 

10年前くらいから手足のしびれ、腰、もも、ふくらはぎの痛みがあり、あらゆるところに通いましたが、どこでも加齢という診断でした。

 

1年前に友人からアンチエイジングサプリメントを紹介されて、飲んでみたところ、今までと全然違うのに驚きました。

 

これで本当に痛みが取れるのかと最初は半信半疑で、はじめの2、3ヶ月は毎日朝晩に2粒ずつ飲んでいました。

 

すると、アンチエイジングサプリを飲みはじめた半年くらい後から休まず歩けるようになり、今では中止していたゴルフも月5回くらいケアを受けながらプレーを楽しむことができるようになり、感謝しています。

 

ここまで書くと、おすすめのアンチエイジングサプリが気になりませんか?

 

そこで、アンチエイジングサプリ人気商品のまとめのページを記載しますので、参考にしてください。

 

こちらです→【アンチエイジングサプリ】で絶対損しない最強ランキング&人気口コミまとめ